SNSは楽しいけれど寝る前のSNSはハゲの原因になる!?

SNSとは?

SNSとは?

現代人は一人で生きるのに不安を感じ常時、誰かと繫がりを求めています。そのツールの一つがSNSです。SNSとはソーシャル・ネットワーキング・サービスの略で、インターネット上で社会的な繋がりができる機能のことです。自分の日記や何気ない、つぶやきなどを通して友人や知人と、または趣味が共通の人達との交流が可能なサービスの総称です。社会的な組織を維持・拡販する様々な便利機能も提供されています。会員制のオンラインサービスや友人や知人間でのコミュニケーションの円滑化に非常に役立ちます。

SNSでも話題の薄毛治療サロン・スーパースカルプ発毛センター三重松阪店

寝る前にスマホを見るとどうなる?

寝る前にスマホを見るとどうなる?

寝る前にスマホを使用する事により、スマホのディスプレイから発生するブルーライトの影響により睡眠と目覚めをコントロールするために必要なメラトニンの生成を抑制してしまい、睡眠障害を引き起こしてしまいます。特に、眠る前にSNSやゲームなどをしている方が睡眠改善・不眠症改善が必要になる確率が高いです。睡眠障害の影響で満腹中枢をコントロールするレプチンが減少してしまい、肥満体質になる可能性があり、また、スマホの画面を見る事で眼に負担がかかり、ドライアイや眼精疲労の症状を悪化させ、頭痛や肩こりに繋がる事もあります。

睡眠不足はハゲの原因?

睡眠不足はハゲの原因?

睡眠不足はハゲが進行する原因になります。髪の毛は寝ている間に、成長ホルモンが分泌されるというサイクルで作られます。就寝後30分程度で成長ホルモンはピークに到達し、その後緩やかに下降していきます。睡眠が浅く、何度も目が覚めるという質の悪い睡眠では、成長ホルモンはうまく分泌されません。寝る前にTwitterばかりしてたらハゲになって育毛剤を使う毎日になってしまった方もいます。対策としては、生活習慣を見直すことで体内時計を整え、上質な睡眠をとることで、うまく成長ホルモンを分泌させる深い睡眠がとれるようになります。

SNSにのめり込むと起こる弊害

SNSにのめり込むと起こる弊害

SNSにのめり込んでしまうと、常に夢中になっているSNS上の自分の人気具合が気になるようになってしまいます。弊害はそれだけでなく、自分のことを誰かが悪く言っていないかが気になりだし、自分の悪口を探し始めてしまったりします。日常生活もSNSへの投稿を目的としたものに変化していってしまい、自分の心が自由になる時間・気を抜いて過ごせる時間が無くなって行ってしまいます。また、自分が他人からどう見られるかを異常なまでに気にするようにもなってしまいます。

良い睡眠をとる方法

良い睡眠をとる方法

沢山寝たにも関わらず、疲れが取れずに寝た気がしないこと経験をされた方も多いのではないでしょうか。質の良い睡眠をとる方法は、眠る前には部屋を暗くするなど、部屋の環境を整えることが大切です。また、良い香りのするアロマオイルやアロマキャンドルを使用することも、質の良い睡眠を取りたい時には効果があります。睡眠を取る2時間から3時間前には食事を済ませるようにし、パソコンやスマートフォンは脳を活性化させてしまうので、就寝前には使用を控えるようにすると良いでしょう。