睡眠不足が原因でハゲになってしまうと言う噂は本当なの?

睡眠不足で髪が育たずにハゲになる?

睡眠不足で髪が育たずにハゲになる?

頭皮にはたくさんの血管が通っています。体中の血行がよくなることで頭皮にまで栄養が届き、育毛を促進させることにもつながるのですが、ストレスや睡眠不足などの原因によって血行が悪くなってしまうと育毛が阻害され、ハゲになってしまう恐れがあります。

新しい髪の毛を生やすという意味でも、今生えている髪の毛を健康的な状態に保つためにも頭皮の健康状態は非常に重要です。現代人は働きすぎなどが原因でストレスや睡眠不足を招きやすい生活になっています。

特に睡眠不足は疲れが抜けないため食欲の低下やストレスの蓄積にもつながります。栄養素の摂取が著しく低下してしまうだけではなく、それが頭皮に届きにくい環境を作り出してしまうのです。

睡眠不足のストレスがハゲの原因になる?

睡眠不足のストレスがハゲの原因になる?

睡眠不足のストレスはハゲの原因になり得ると考えられます。ストレスは自律神経の内、交感神経を優位にさせます。すると筋肉は常に緊張状態を強いられ、血管は収縮した状態になります。

こうなると血流は滞りがちになり、細胞に届けられる栄養や酸素の量にも支障が出やすくなります。髪の毛と言うのは、毛母細胞に栄養や酸素が十分に届けられ、それが分裂を繰り返すことで生え、育っていくものです。

そのため睡眠不足によるストレスが続くと、発毛や育毛にも悪影響が出てきて、やがてはハゲにつながる可能性もあると言えます。加えて髪の毛は、睡眠中に分泌が盛んになる成長ホルモンの作用を受けて育っていきます。

睡眠不足になるとこの成長ホルモンの分泌にも影響が出てくるので、ストレスを抜きにしたとしても、睡眠不足は髪のためには良くないことです。

何時間寝るとハゲの予防になるの?

何時間寝るとハゲの予防になるの?

ハゲと睡眠には基本的に関係はないです。ですから、何時間睡眠をとるとハゲが予防できるのかという問いについて答えは存在しないです。

ハゲは遺伝や環境に大きく影響と受けると言われています。遺伝に関してはいかんともし難いですが、環境については何とかなります。

その観点から考えてみると、ハゲ予防にはストレスの軽減が有効であるという結論に至ります。つまり、何時間寝ると大丈夫というのではなく、自分がストレスを感じない、言い換えれば自分が納得のできる量の睡眠をとることが重要だということです。

今日はあまり眠れなかったから駄目なのではなく、たとえ少し出会ったも睡眠をとれたから大丈夫と考える心のゆとりがハゲ予防につながるのです。