1日の疲れを癒す質の良い睡眠はどうしたら取ることが出来る?

良い睡眠をとるには夜ご飯をきちんと取ればいい?

良い睡眠をとるには夜ご飯をきちんと取ればいい?

良質な睡眠は、心身ともに健康になり、お肌にも良いことは知られています。もちろん夜ご飯を食べることは必須ですが、何時にまでに済ませるか、どんな栄養のあるものを取るかが大切です。

一般的には、就寝時間の3時間前までには、夜ご飯を済ませておくのが良いとされています。就寝前に食べてしまうと眠ってから脳は休みたいのに胃が消化活動をしていて身体が休まらない状態になり、翌朝だるいということが起こりがちです。

食事の栄養バランスも、糖分、油分を取り過ぎないように気を付けます。納豆を夜食べると血管の中で固まった血液を溶かして血液サラサラにする健康効果があります。高血圧を防ぎ、悪玉コレステロールを減らす効果もあります。

食べる時間に気を付けて、偏らない献立を工夫し、夜ご飯を楽しくとることで良質な睡眠と健康が得られます。

良い睡眠をとるには寝る前に軽くストレッチをすればいい?

良い睡眠をとるには寝る前に軽くストレッチをすればいい?

良い睡眠をとりたいと思う人は、寝る前に軽くストレッチをすることをおすすめします。

睡眠は精神や体が疲れすぎていても気持ちよく取れないものです。激しい運動と違い、ストレッチは身体を気持ちよく伸ばして、凝り固まった身体をほぐすものです。身体がすっきりとすることで、気持ちもすっきりとします。

気持ちがすっきりとすると精神も安定し深い眠りに付きやすくなります。また、からだ全体のコリをほぐすことで、体が温まり血流も良くなります。身体が冷えて眠れない人にもおすすめです。

ストレッチをするときは、息を止めずに呼吸を深くすることを心がけてゆっくりと行うようにしましょう。そして、力を抜くことを忘れないでください。

ストレッチ時間は出来れば30分から1時間ほどが良いでしょう。毎日続けると一週間ぐらい経った頃にその効果が分かると思います。

良い睡眠をとるには快眠グッズを使ってみればいい?

良い睡眠をとるには快眠グッズを使ってみればいい?

安眠のために役立つ快眠グッズとして、例えばアロマオイルが挙げられます。アロマオイルには心を癒す効果を持つ物もあり、リラックスした状態で入眠する手助けになることでしょう。

そして心が落ち着いた状態で眠ることで深く良質な睡眠を得やすくなり、細胞を活性化させる成長ホルモンの分泌も活発になります。

アイマスクや耳栓で光や音をシャットアウトするのも効果的です。眠っている時にも光や音による刺激を脳が受けていますが、そうした刺激を受けることで睡眠が浅くなってしまいます。

そこで、アイマスクなどを対策として取り入れることで脳が深く休まりやすくなりますのでしっかりと眠ることができ、翌朝の目覚めも良質なものにすることができるのです。